包茎ってどうなの?そのデメリットと治療方法

包茎であることによる衛生面のデメリット

包茎というのは、簡単に言うと陰茎の亀頭が露出しないことを指します。幼少期など体が成長しきっていない時は亀頭が露出していなくても問題ありませんが、思春期を過ぎても変化が無い場合は包茎だと認識する必要があります。亀頭が露出していないことによって、皮が被っている部分の汚れが溜まりやすくなり強いにおいが発生したり炎症が起こったりします。しっかりと皮をめくって洗えば問題ありませんが、おろそかにしていると状態は悪くなります。

包茎であることによる対人面でのデメリット

包茎は、対人面でのデメリットがあります。まずは女性に対してですが、包茎であるという事実が邪魔をして自信を持てなかったりEDになるなどします。一般的に包茎であるという事実はナーバスなことことなので、どうしても気になってしまうのです。適切に性行為できないほど精神面にダメージを与えると大きな問題になります。同様に、温泉施設などでも他人の目が気になってしまい心の底から温泉を堪能できなくなる可能性があります。

手術をして悩みを解消

思春期を過ぎても包茎状態が改善されなければ、基本的に手術をするしかありません。ある日を境にいきなり包茎が改善するということはないです。包茎の手術は余っている皮膚を切るので簡単なものではなく、それなりに出費する覚悟が必要です。ただ、一度手術をしてしまえば包茎が改善するので悩む必要はありません。一生のことなのでしっかり考える必要がありますし、計画的にお金を貯めれば不可能ではありません。全く包茎を気にしないのであれば、そのままでも問題ありません。

包茎は、陰茎の皮が被って、衛生的に良くないので、整形外科で簡単な手術で治療します。7日ぐらいに立てば、完治します。