土地の有効活用の方法には太陽光発電を利用した投資も在ります

親が所有していた土地を有効活用する方法

親が所有していた土地が在る場合、更地の状態で保有していても土地の有効活用が出来ないだけではなく、更地の土地は建物が無い分、納税額が多くなってしまいます。こうした土地を所有している場合、アパートを建築しての不動産投資を行うと言う方法も在りますが、建築コストなどを考えた場合、簡単にアパートを建築すると言う事は難しいものとなります。しかし、土地を有効活用する方法として太陽光発電設備を導入することで、発電された電力は売電が可能になると言うメリットが在ります。

アパートの場合は入居者が必要です

アパートを建築した場合、入居者からの家賃収入を得ることが出来ますが、これは入居者が要る場合の話であり、入居者が退去してしまった時や、入居者が見つからなければ収入は途絶える事になります。その点、太陽光発電は無限と言われている太陽の光エネルギーを利用しているため、リスクが少ない投資に繋がると言うメリットが在ります。また、発電設備は一度導入すれば長期間利用が出来ると言うメリットも在り、土地の有効活用の方法として注目を集めています。

アパートの屋上に太陽光パネルを設置

アパートを建築することで家賃収益を得る事が出来ると言ったメリットが在りますが、アパートの屋根に太陽光発電設備を導入することで家賃収益と発電による収益の2つを得る事が出来るようになります。また、アパートの屋根に設置した太陽光発電設備は、アパートの共有部分の電気として利用することも出来ますし、全電力を電力会社に売殿することで毎月一定額の収入を得る事が出来るようになるなど、家賃収入と発電収入の二つを得ることが出来ると言ったメリットが在ります。

太陽光発電を利用すると、普段の光熱費を大幅に下げれることの他に、災害時にも利用できるという大きなメリットがあります。