太陽光発電を設置して電気代がお得になるようにする

家庭用の太陽光発電の初期費用

家庭用の太陽光発電は完全オーダーメイドになっているので、屋根材の種類や屋根の面積などによって金額が変わってきます。費用の目安としてはシステム単価が1kwあたり40.5万円で、住宅用太陽光発電は4.9kwの場合は約200万円前後になります。1kw当たりの工事費が41万円以下になっているかを、業者の見積もりから計算します。購入する時は初期費用だけではなく、毎月の発電や売電のバランスも見てから検討すると良いです。

電気代を太陽光発電でお得に

太陽光発電にすると、電気代を0円にする事が出来ます。夜間電力割引プランを使用すると、夜間の電力使用量が通常よりもお得になります。電気代が1万円の家庭なら、10年間使用すると儲けが出るように出来るのです。期待耐用年数が30年と言われているが、これより多くの電気削減効果を得るようにしたいなら、自家発電率にすると効果が得られます。電気代を0円にする事は達成可能な数値で、オール電化にしなくても大丈夫です。

太陽光発電の電力をエコエネルギーにする

太陽光発電で余った電力を、エコエネルギーにする事が出来ます。余った電力を電気会社に売る事で、電気会社がエコエネルギーにしてくれます。光熱費の削減になり、電気代を節約すると毎月の収入が楽しみにもなります。オール電化にすると電気代を安く出来るので、削減率が多くなり更に多くの電気代が反ってきます。導入する事により環境に対する貢献度が分かるので、地球環境と省エネの意識が高るようになるため導入すると良いです。

太陽光発電とは、太陽電池を用いて太陽光から直接的に電力を得る発電方式のことです。二酸化炭素や排気ガスの排出、騒音等もなく、様々な環境問題に対応し得る発電方式として期待できます。